katespade 原宿

プレッツェルにディップを付ければ、いろいろなフルーツソースやチョコレートソース、メイプルシロップ、アーモンドなどを、自由に有用ので、楽しい?空いてれば、さらに行きたいかな。

pxru5491_067_2_r_2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

文化祭みたいな…いつも洋服売場に交換できるなスペースというか。

帰するところの食事だから小粋なところにいきたいですよね!そのような貴方に推奨の「流行ブランド」とのコラボカフェを一挙ご紹介します。

座面が硬く長時間座っていられない椅子でした。

半分が洋服屋さんとも知らずに…12時ぐらいだったので、お客さんは誰もいませんでした。

注文したもの→プレーンプレッツェルバタープレッツェルディップ=マスカルポーネアイスコーヒーレモネード私、酸っぱい物大好きだから美味しかったけど、娘は酸っぱ過ぎて、レモネードはギブアップしてましたwディップでチェダーチーズがないのが心残り。

穏やかなた風情がスリムで可愛らしい「4℃」のワールドワイド観を表していますね。

img_2

帰りは上の階にあるジュエリー店も寄ってみてはどう?。

帰するところの食事だから小粋なところに行きたいですよね!採り上げるのは「流行」も「食事」も楽しめちゃう「ファンションブランドコラボカフェ」をご紹介します。

ケイトスペードラルフローレンから右へ入ったキャットストリートという通りにありました。

パッカのスリーミント オーガニックハーブティーがおいしかったです(ふたか受け皿があればティーバッグを蒸らす事が出来たのにと心残り;)しかし表参道でミントティー280円は安いです。

★取っ手持ちでも、肩持ちでもいずれもで機能面で優れたデザインです。

ケイトスペード4CFlagsCAFE&Dining(フラッグスカフェ&食堂)その通り、新鮮なお野菜やフルーツが豊富に使われたメニューが多くあります。

ふらっと看板を見て、喉が渇いて、小腹が空いたので入ってみました。

 

o0800119113634466849

(近くにMarimekkoやMARCBYMARCJACOBSもあり)<ミントティー280円>ゴツいマグカップにティーバッグがダンクされています。

★取っ手持ちでも、肩持ちでも両方で機能面で優れた意匠です。

お出かけする時、必ず付き物なのが「食事」「小粋」も「おいしい」も喜び間違いなし!お出かけする時、必ず付き物なのが「食事ですね。

《住所》東京都新宿区新宿3-28-134℃新宿店B1F《電話番号》050-5571-4743(予約専門番号)03-5367-5240(お質問専門番号)《営業時》11:00〜22:30(日〜木)(フード&ケーキL.O.21:30、ドリンクL.O.22:00)11:00〜23:00(金土・祝前日)(フ L.O.22:00、ド L.O.22:30)ランチタイムはLO.15:00ビュッフェ&ドリンクバーのご活用は15:30までOKティータイム(ドリンク、ケーキセット等)は一日中、どの時帯でもOKディナータイムは18:00から《定休日》不定日曜ありジェラートピケ“アダルトのデザート”をコンセプトに、着心地にこだわったルームウェアを展開する「ジェラートピケ」。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%84

★幅もふんだんあるので収容力だって大得心!アクセサリーを掃除するのに役立つなポケットも満喫。

「美と健康と癒しで女子を健康で美しいにする」というコンセプトのもとで作られたカフェ。

ケイトスペードサタデーというケイトスペードのセカンドラインのようなお店併設のカフェというかコーヒースタンド的なお店。

<店内>黄色い床で椅子とテーブルがあるだけの簡素なゆとりスペースでした。

自ら用は無論、贈り物にもお薦めですよ!。

gelatopiquecafeにはここでしか買えない華麗な商品も盛りだくさん。

<片付け>マーガレットハウエルのカフェもそうでしたが、わたしはブランドや洋服屋さん併設のカフェは何となく落ち着かず、優れているではないなようです(笑)<備考>途中、キャットストリート沿いの抜け道を通って春水堂がある通りへ行く事が出来ます。

ネックレスやイヤリング、ペアリング、指輪などのジュエリーを手がける「4℃」が手がけるカフェ食堂。

娘の原宿買い物の付き合いで、疲れていたので、麗しいな広がりでホッとできました。

★留め具に安らぎのある金を使い、素材にも固執したたどんどんパフォーマンス面で優れたアイテムです。

平日なのでがらがらでした。

ベストチョイスされた新鮮な材料を使った料理が引き寄せられるです。

通称「ジェラピケ」から「コンフォートフード」をコンセプトとしたカフェが登場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です